細胞の酸化を防ぐスイソニアは美容に効果あり

女性が多く悩む、お肌のこと。特に肌トラブルのことで悩む方は多いのではないでしょうか。シミやシワ、たるみが気になる、乾燥肌、そのほかにもテカリや吹き出物が出やすいなど悩みはさまざまです。それらは全て、細胞の酸化が関係しているのです。

細胞が活性酸素によって、攻撃されることで傷ついて酸化つまり老化してしまいます。その原因である活性酸素を選択的に、無害な水へと変化させてくれる水素に効果が期待できます。その水素を大気中の約48,000倍にもなる量の発生が可能な上に、体内バリアの影響を受けにくい方法で体内に水素を取り入れることができる水素吸入器スイソニアは、美容に高い効果があります。

体内バリアを受けにくい摂取方法とは


通常の薬やサプリメントなどは、初回通過と呼ばれる肝臓や消化器官での代謝を受けます。しかし、その場合時間もかかる上に水素の吸収については、細胞膜上の水素レセプターと呼ばれる水素を取り込む受容体が一定数量以上は吸収が出来ないという難点があります。これを、体内バリア機能といいます。

スイソニアは「過熱蒸気分解法(※国際特許取得中)」を採用したことで、過熱蒸気スチームという適正濃度の水素を含んだ混合ガスを呼吸するように吸えます。
すると、鼻からの粘膜吸収ができるのでその粘膜下にある毛細血管から、全身の細胞の隅々まで行き届くことができます。この方法が、最も体内バリアの影響を受けずに水素を摂取する方法なのです。

活性酸素が肌トラブルを引き起こす

本来の活性酸素が免疫機能として働くのですが、もし増えすぎてしまうと悪玉化した活性酸素が正常な遺伝子や細胞をも酸化させます。紫外線を受けることやストレスなどで発生してしまう活性酸素は、肌細胞への攻撃で肌の水分を保持してハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどを破壊してしまいます。それが乾燥肌につながり、肌のターンオーバーの乱れを引き起こしてしまう場合もあります。

乾燥肌になれば、乾燥を悪化させないよう皮膚の表面にはバリアを張るように皮脂が多く分泌されることで、肌細胞は乾燥しているが見た目はオイリー肌に見える状態(インナードライ肌)になってしまうこともあります。そうなると、皮脂が余分に皮膚の表面にある為、毛穴に皮脂が詰まりやすくなる他、毛穴の開きや黒ずみにつながる可能性もあります。

シミの原因となるメラニン色素は、紫外線から肌を守る為にシミの生成をします。肌のターンオーバーが正常であれば周期が来ると、古い角質(アカ)となって剥がれおちるのです。しかし、ターンオーバーが乱れると肌の生まれ変わりがうまくいかず、シミとなって残ってしまうのです。

さらに、活性酸素が皮脂(脂質)と結合して過酸化脂質となってしまうとコメドと呼ばれる皮脂の固まりが作られます。そして、ニキビが発症してしまうのです。そのコメドやニキビを活性酸素が酸化させることで炎症を起こしたり、悪化につながります。

炎症を悪化させる物質だと言われている、サイトカインの増加にも活性酸素が影響しているので活性酸素を除去することが、炎症を最小限に抑えることにもつながります。

肌トラブルの原因をスイソニアで除去!


体内で増えすぎると活性酸素は、これだけさまざまな影響を肌に与えてしまいます。その活性酸素が持つ他の物質へくっつこうとする強い吸着力に宇宙一軽くて小さい分子を持つ水素が、いち早く反応して結合します。すると、身体に無害な水へと変化させて体外へ排出させます。

以前から高い有効性の可能性を秘めた水素は注目されてきましたが、その高い反応性からコントロールをすることがかなり難しいとされてきました。
そんな水素の働きを体内でも保てるように作られた水素吸入器スイソニアであれば、粘膜吸収ができることもあり効率よく、より効果的に水素を取り入れることができます。

日本生まれ、日本育ちのスイソニアで安心

スイソニアは、製造からメンテナンスまで一貫して日本国内で行っています。本来の性能はもちろん、長年の使用での劣化に対応するメンテナンスも重要です。
カスタマーセンターでは、スイソニアをお使いいただいているユーザー様それぞれとコミュニケーションをとり、使用機の状態の把握やメンテナンス指導なども行っています。
開発や改良、品質、性能管理をしっかり行うことで安心してお使いいただくことが可能になりました。

投稿日:2017年1月16日 更新日:

Copyright© スイソニアの水素吸入で期待できる美容効果 , 2017 AllRights Reserved.